便秘とストレスとの関係について

便秘とストレスとの関係について

便秘とストレスとはやはり関係していた!!考えればわかることですが、それは小さな積み重ねのストレスでも便秘は起きてくるそうです。それは腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)というものが自律神経にコントロールされていることからですね。

だから、日常生活の中でもいろいろな人間関係、お金の問題、子供のことなど数えればきりがありませんが、それはストレスに関係してしまうということです。しかもそれは便秘だけでなく、不眠や肩こり、そして下痢症状にまでも及んでいるということです。

とにかく神経がリラックスできない仕事先とか旅行先などはその代表として体の緊張から一時的にも便秘になることが多いといいます。しかし家に帰ってきてからは「ほっとして」その緊張からも解き放たれるということで体調もまたもとに戻ってくることが多いということです。

できればこのような症状は避けていたいということですが、それにはストレスに強くなるなど方法を考えるしかないということですね。ストレスを受けるとと体の中の内分泌ホルモンが異常を起こしてくるということです。それでストレスがその人の許容限度を超えた場合に「精神的ストレス」と「身体的ストレス」として2つの症状として現れてくるといいます。精神的症状では、イライラしたり反対に気分が落ち込んだりしますが、身体的ストレスでは自律神経失調症と呼ばれてストレスから便秘などの他にも頭痛、肩こり、めまい、動悸などたくさんの症状としてでることが多いということです。ストレスが原因で便秘になる場合は、筋肉の緊張から腹筋肉への影響や、食欲不振からくる便の量への影響、そして倦怠感から運動量が低下することで起きる便秘があります。

1
2
3

b.hatena.ne.jp/entry/etccard-tsukuru.net/1008.html


<<前のページへ   次のページへ>>