こどもが生まれたら生命保険を相談

こどもが生まれたら生命保険を相談

生命保険は万が一のときに備える保険です。いつか生命保険に入ろうと思いながらも、なかなか保険に加入する機会がなかったという人も多いと思います。そのため、いまだに生命保険に未加入の人も少なくないと思います。しかし、結婚してこどもが生まれたのであれば、ぜひとも生命保険の検討をしてほしいものです。

生命保険は自分で比較検討しても、なかなかいい生命保険を見つけることはできません。そのため、専門家の人に相談することをおすすめします。一番のおすすめはファイナンシャルプランナーの人に相談することです。

ファイナンシャルプランナーはなかなか聞きなれない名前のお仕事ですが、実はわたしたちの生活の見直しに、非常に役立つお仕事をしている人です。

ファイナンシャルプランナーは家計診断をし、適正な収支であるかを確認してくれます。その検討後、生命保険の提案をしてくれるので、非常に安心と言えます。

こちら



生命保険の見直しは、ライフステージの変化のときにするといいと言います。特に、こどもの出産のときに検討するのが多いのは、子どもが生まれると万が一のときのリスクが非常に高まるからと言われています。

愛するこどものために、ぜひとも生命保険の相談をしてみましょう。

生命保険の見直しが大事な理由

生命保険に加入するさいには自分でよく納得してから入ると思います。

しかし、入りっぱなしですっかり安心してしまう人も少なくないようです。

保険の見直しという言葉は聞いたことがあると思いがすが、詳しくはわからない。という人のために少し説明してみたいと思います。

見直しするということは、何か新しい保険に入り直す必要があるという意味ではありません。

こちら



保険に入りたての時と今のご家庭の環境が変わっていたり、時代のニーズに合わせて保険が日々保険会社の提供する保険内容が変わったりするので、何年かに一度は現状をチェック確認してみましょう。という意味なのです。

入ってすぐに見直す必要はありませんが、10年もたつとかなり保険内容が変わってきている場合もあるので、最低でも10年に一度くらいはチェックしたいものです。10年たたなくても、ご家庭の家族内容などに変化があればその時が見直し時期となります。保険の見直しは車の定期検査のように何年に一度と決まっているものでもないので、各々のご家庭のタイミングですれば良いと思います。

ただ、何もせずに放置することだけは避けた方が賢明です。見直しはチェックですから新しい保険に入ったり、保険内容を買えるためだけが目的ではないのです。

こちら

生命保険の種類と内容について

生命保険は沢山の種類があって非常に分かりにくく若い時は、勧められる商品をそのまま加入するイメージでした。

それが、先日保険会社の方から説明を受けた時に非常に分かりやすく説明をしてもらったところ、大きく分けて3種類だそうです。

1つめは定期保険、2つめは養老保険、3つめは終身保険です。

1つめの定期保険は、掛け捨てタイプで保障も一定期間のため、保険料はそのぶん安くなっていることが多いそうです。

定期保険は、万が一の為に保険料を安く保障をしっかりと考える人に向いているそうです。

2つめの養老保険は、保障と貯蓄の両方を兼ねた保険で、保険期間も一定です。また保険期間内に解約もできるため解約返戻金というのも有るそうなので、資金を有効に利用できます。万が一死亡してしまった場合には死亡保険金と同等に満期保険金額も支払われます。

こちら

但し、保険料は高めの場合が多いそうです。

養老保険は、保障だけではなく貯蓄もできるため、将来の目的を持って資金を蓄えようと考える人に向いています。

3つめの終身保険は、保障期間は一生です。死亡年齢に関係なく保険金が支払われ、保障が不要になった時は解約もできるため解約返戻金で老後の資金などとして有効に利用することもできます。

終身保険は、一生保障が続くため、いずれは必要となる葬儀費用などの確保として考えると良いそうです。

保険は年齢や自分の環境に応じて見直しをすることで、今までは不要と思っていたものが必要になったり、逆に必要と思っていた内容が見直しを行う事で保険の支出を抑えられたりします。

一度入ってしまった保険については、あまり見直しをする機会もないと思いますが、結婚や出産、親の年齢や自分の年齢に応じて、見直しをする事がとても必要と感じています。

大阪堺 車買い取り


<<前のページへ   次のページへ>>