損した、のか?

損した、のか?

社会人ともなれば、どの保険会社のどのような商品を選ぶのかは、よくよく考えてみなければなりません。

私自身は昔から親が掛けてくれていた、月々の支払が安くそれなりにリターンも高い商品に入っていたのですが、会社に来ていた専属の生命保険営業おばちゃんの勧誘が熱心というかしつこく、それに根負けして切り替えた次第でした。

その頃はまだ何も考えず、「月々1万円くらいで万が一の場合のリターンも手厚く、保険料もずっと変わらないんなら、まぁいいかな」ぐらいにしか考えていませんでした。

しかし3年近くが過ぎた頃、ふと思ったのです。

「年間約12万円支払っているのに、万が一が無ければリターンは無し。これってめっちゃ損じゃないの?」

と。まぁ厳密にはその万が一の場合のリターンが莫大なため、あくまでも備えとして考えれば損ではないはずです。

こちら



しかしながら、他の生命保険商品としては、月々の支払いはお手頃、万が一の場合の備えもまずまず。それでいて満期を迎えれば今まで掛けていた保険金の大部分が帰ってきますよ。なんてものも結構あるみたいですね。

私は若いから、今はまだそういったタイプの生命保険でいいんじゃないかなと思う、今日この頃。ちゃんと調べて入ればよかったなぁ。

最適な加入時期は?

万が一に備えて生命保険の加入を検討している方は多いはずです。
とはいえ、差し迫った心配がないのであれば、また次の機会に申し込もうと考えてしまう方も多いでしょう。

ご存知の通り、生命保険は万が一に備える保険です。それだけに加入する時期が難しいですが、生命保険の加入にオススメな時期はあるのでしょうか。

一般的に、生命保険に加入するベストのタイミングは人生の節目に出会ったときだといわれています。

こちら


また、この時期はすでに加入している生命保険の見直し時とも言われています。
具体的な人生の節目として挙げられるのが、結婚・出産・マイホームの購入などです。

独身時代は、自分ひとりの生活さえ守り抜けば、万が一のことがあっても誰にも迷惑をかけることがありません。

しかし、結婚をすると、独身時代のようには行きません。特に、男性の場合は経済的な大黒柱になることが多いので、万が一の保障がないと大切な伴侶が路頭に迷うことにもなりかねません。

こうしたリスクがあるので、結婚という人生の節目が生命保険加入の最適な時期といわれているのです。

結婚と同じく出産も生命保険の加入に適した時期だといわれています。
新しい命を家族に迎えることになると、経済的に守るべき存在が一人増えることになります。

こちら


新しい命は、これから成長をしていかなければならないので妻以上に大きなお金が必要になります。

そのため、子どもの成長に合わせた生命保険が必要になります。
つまり、進学をひかえている子どもがいる場合は大きな保障が必要になります。
単に生命保険に加入するだけでなく、これから必要になる資金を考えながら生命保険を選ばなくてはなりません。

結婚・出産とは少し異なりますが、マイホームの購入時期も生命保険に加入する良いタイミングだといわれています。
現在では、マイホームでローンを組む際に団体信用生命保険に加入することが多いですが、こちらは残りのローンにたいして支払われる保険です。
万が一があっても、手元にお金が入ることはありません。
大切な家族がいている方は、団体信用生命保険のほかに生命保険に加入をしておいたほうが良いでしょう。

こちら


人生の大きな節目になるので、万が一があったときの資金計画も同時に行ってみてはいかがでしょうか。

一般的には、以上の節目に生命保険の加入が勧められるでしょう。
しかし、この時期でないと加入することが勧められないというわけではありません。
あくまでひとつのタイミングとしてこうした節目に生命保険を検討してはいかがでしょうか、という意味です。
本来的には、できるだけ早い時期に生命保険に加入したほうが良いとも言われています。
年を重ねると様々な病気などを患うことがありますが、病気の種類によっては通常の生命保険に加入することができないものもあります。

いざ、生命保険に加入しようと思ったら加入することができなかった、ということがないように、健康な時期に生命保険には加入したほうが良いとする考えもあるのです。
こうした事柄を考えながら、生命保険について考えてみてはいかがでしょうか。

大阪 車買い取り


<<前のページへ   次のページへ>>