生命保険は必要?不要?

生命保険は必要?不要?

日本は保険好きの国ともいわれています。
実際に多くの方が生命保険をはじめとして、複数の保険に入っているのが普通なため、どうしても保険が必要か不要かということを考える以前に、例えば「社会人になったら生命保険に入る」「結婚したら生命保険に入る」というような義務感に流されてしまいがちです。

では、生命保険が必要だとされる理由から考えてみましょう。
まず1つ目の理由です。
生命保険ががん保険や傷害保険と大きく違う点は、「自分のため」というより「自分が死亡したあと遺された人のため」の保障であるということです。
受取人は親族であることがほとんどだと思いますが、特に子どもがいる家庭の働き手である場合には、万が一のことがあると、配偶者や子どもたちの生活や教育がままならなくなる、という可能性が高く、生命保険は非常に重要だとされるのが一般的です。

もう1つは貯蓄としての保険です。
満期で払い戻し金のある生命保険の場合には、積み立てと同じ意義が生まれます。
ただ積み立てるだけでなく、もしもの事態にも備えられる、ということで生命保険を選択する人も多いです。

以上の2つが、生命保険が必要とされる主要な理由になります。

こちら


もし、これらについて全く心配がない状況にある人は、生命保険に入る必要があるでしょうか?
これが、生命保険が必要か不要かを考える第1の鍵になります。
言ってしまえば、残された家族に金銭的な心配はなく、積み立ても他で行なっている、老後の心配はない、ということなら、生命保険は不要です。
問題は、「心配はある」という人が圧倒的で、かつ「支払いとのバランス」が難しい、ということにあります。

ただ、ここでヒントを加えるとするならば、生命保険に入ることが必須的な風潮は、かつて日本国内の保険会社が、医療保険やがん保険といった「第3分野」の保険を発売することが、事実上できなかったことが影響している、ということがあります。
当時、医療保険等のカバー範囲は、生命保険に特約をつけることで保障をつけるという対応になっており、そのため自由化以前は「まず生命保険に入る」ということがいわば前提のようになっていた、と考えられるのです。

現在は、保険が大幅に自由化され、国内外の保険会社がそれぞれに多様な保険を発売しています。
結果、生命保険が絶対であるというような考え方は徐々に薄れてきているのが現状です。

こちら


生命保険は非常に高額で、月々の負担が大きいということも、特に若い世代の家庭にとっては大きな問題になります。
後の事態に備えるために、現在の家計が崩壊してしまっては元も子もなくなってしまいます。

とはいえ、先に触れたように、まだ小さい子どもがいるというような場合には、何らかの備えをしておきたいと考えるのは当然のことです。
生命保険でも終身ではなく定期のもの、貯蓄性のないものなら月々の負担は軽くなります。
また、医療保険にも死亡時の保険金がついているものや、育英年金つきの学生保険等もあります。
生命保険が必要か不要かということは、総合的に考えるべき問題だ、ということがおわかりいただけるもではないでしょうか。

生命保険のメリット

生命保険は、加入者が死亡したときに残された家族などに保険金が支払われるシステムになっています。
これが一番基本です。
生命保険は、大きく分けて2つのパターンに分かれています。
まずは、それぞれのパターンのメリットについて説明します。

■定期保険

定期保険は、ある一定の期間を定めてその間に亡くなった場合は、死亡保険金が支払われるようになっています。

こちら


期間はおおよそ10年間であることが多いです。
この保険のメリットは、必要な期間だけ加入することで、安い保険料で手厚い保障を受けることができる点です。

例えば、子供が成人するまでの20年間だけ定期の保険に加入する人がいます。
成人するまでの期間に自分の身に何かあっても、子供はそのまま学校に通うことができます。
そして子供が成人すれば、自分でお金を稼いでいくことができるので大きなお金を残す必要性がなくなってきます。
子供が成人するまで、特に問題がおきず健康でいられた場合は、更新を行わずそこで解約をすることができます。

定期保険では、このように自分の人生プランに合わせて保険を組むことができるので無駄を少なくすることができます。

■終身保険

終身保険は加入しておくといつ亡くなった場合でも、死亡保険金が発生します。
この保険のメリットは、いくつかあります。

1つ目のメリットは、いつ亡くなっても保険金が下りるので、支払っている保険料が無駄になることは一切ないということです。
定期保険の場合は、加入期間が過ぎてしまえば保険金を受け取れなくなってしまいます。
終身保険では、その心配はありません。

こちら



終身保険だと更新がないので、途中から保険料が上がることもありません。
月々や年で払っていく金額は、保険金の金額と加入時の年齢に関わってきます。
最初に加入したときに決まった金額をずっと支払って行くことになるので、年齢と共に保険料が上がっては行きません。

終身保険には、もうひとつ大きなメリットがあります。
それは保険料を積み立てていき、その積み立てた保険料を解約するときに受け取ることができる点です。
この受け取れる金額のことを、解約返戻金といいます。

解約返戻金は、支払った額をそのまま受け取れるわけではありません。
保険に加入し、支払期限を過ぎる前に解約してしまった場合は、支払った額よりも少ない額しか受け取ることができません。
これは最近の保険のプランが、低解約返戻金制度になっていることがほとんどだからです。

しかし、支払い期間が終わってから解約を行った場合は、支払った保険料よりも多い解約返戻金を受け取ることができます。
解約する時期は、人それぞれなので、そのまま解約を行わず亡くなったときに死亡保険金としても受け取ることもでき、解約する時期まで運用を続けることもできます。

このように生命保険には様々なメリットが存在します。



<<前のページへ   次のページへ>>