生命保険、掛け捨てと積み立てどちらがお得か

生命保険、掛け捨てと積み立てどちらがお得か

「掛け捨て」と「積み立て」ときくと、どうしても言葉のイメージで、前者はお金を無駄にしているようなイメージを持ってしまう方も少なくないようです。

そこで、言い方を変えてみましょう。生命保険における「掛け捨て」は、「定期生命保険」、「積み立て」は「終身生命保険」か「養老保険」となります。

まずここで分かることは、単純に貯蓄性があるかないか、ということ以前に、保険の種類自体が違う、ということです。
当然同じ保障を得るために必要な保険料負担も、この3つでは違います。ですから、一概に「掛け捨てが損」とはいえないわけです。

では、実際に生命保険を選ぶにあたって、どのように掛け捨てと積み立てを考えていけばいいのでしょうか。
そのためにもう少し詳しく、先の3つの保険の違いについてみていきましょう。

掛け捨ての定期保険では、もちろん満期になっても戻ってくるお金はありません。
健康お祝い金という形でバックされる保険もありますが、積み立てといえる金額ではないです。

こちら



終身保険の場合には、死亡時や高度傷害と認定された時に保険金がおります。
死亡しない、という方はいませんから、解約しない限り、保険金は必ず受け取れる、ということになります。
対して養老保険は、定期保険のように一定期間を保障するタイプの保険であるものの、貯蓄性がプラスされ、満期での払い戻し金があります。

同じ内容の保障を定期、終身、養老のいずれかで得ようとした場合、保険料は養老保険がもっとも高く、ついで終身、次に定期となります。

ということは、あまり喜ばしいことではありませんが、比較的若い年齢で契約者が亡くなった、というケースでは、費用的なことをいえば定期、掛け捨てのほうが「得」ということになります。

このケースにおいては、掛け捨てのほうが損という一般的なイメージは覆される、というわけです。

また、保険金や満期払い戻し金は将来的に得られるものですが、保険料は当然、契約をしたらすぐに払い始めるものです。

こちら



いくら先々に返ってくるお金が大きいからといって、今支払いが困難になってしまうくらいの保険を契約してしまっては、生活を逼迫するだけでなく、途中で解約をするはめになってしまうかもしれません。

終身保険の場合、保険金を払い終わっていれば、解約をしても、すでに支払った保険料より多い金額の払い戻し金を受け取ることができますが、そこまで辿りつかなければ、損をしてしまうタイミングがほとんどなのです。

掛け捨てと積み立てを選択する上では、「必要な保障」と「必要な貯蓄」を1度分けて考えてみることが必要です。

その上で、家計に無理のない範囲で両方を一緒に行なえる積み立て型の生命保険があれば選択するメリットがありますし、検討の結果、保障は保険でカバーし、貯蓄は別の手段でする、という選択肢も考えられるでしょう。

どちらにしても、保険料は年齢によって変わりますから、保険会社のサイト等にあるシミュレーターなどを使って、試算してみるのも良い手です。

夫婦で学資保険に加入する

子供が生まれたら学資保険、そういう考えの方は多いと思います。

こちら



毎月いくらか積立ていくと、子供の入学などあらかじめ設定した時期にまとまった学資金として戻ってくるため、子供のためにコツコツ貯めていくという親としての思いがつまった保険です。
もちろんそれだけでなく、実際に払い込んだ額以上の金額が戻ってくるということも大きなメリットです。

銀行の利子がすずめの涙ほどしか期待できない昨今、この学資保険の返戻率が110%なんていう会社もありますので、この貯蓄性の高さは注目です。
それに契約者が事故や病気で万一の際には、保険料の振込が免除され、学資金は100%保障されるのも子供の未来のために本当に安心のポイントです。
これだけメリットのある学資保険、貯金がたくさんある方はともかく、なかなか貯金できないというご家庭の奥様におすすめのさらなる活用法があります。
それがご主人だけではなく、奥様本人自身も契約者となりもうひとつの学資保険に入るという荒技です。

これは意外とされているご家庭は少ないかもしれません。
たとえば子供が3歳くらいで奥様が契約すれば、月々1万円程度でも子供が18歳のときに200万円程度の学資金が戻ってきます。

こちら


もしご主人の方でも同じような学資保険に入っていれば、200万×2=400万円とかなり安心の学資金ですね。
奥様だって事故や病気で万一の際、今までどおりの主婦業はできなくなるでしょう。

確かに家庭の主婦が月々1万円も捻出するのは大変かもしれません。
でも今はネットなどでも内職ができる時代です。
月1万円目標に子供のため、と内職するのも楽しいかもしれません。
それにどうしても家計が厳しいときには、自分が積み立てている額から可能な範囲で借入することもできます。
これを「契約者貸付」といいます。

これは自分のお金ですので、気軽に借入できますし、随時返済も可能です。
仮に返済できずに満期を迎えた場合には、満期の保険金(学資金)から貸付額+利子が引かれて戻ってきます(もちろん戻ってくる額が減ってしまうので、なるべく早く返済した方がお得なのですが)。

ぜひ学資保険を上手に活用して、子供の未来をさらに明るくしていきたいものです。



  次のページへ>>